スマホ版に切り替え

HOME -> 前立腺マッサージ体験談

今まで女の子が感じる姿を見て、こんな風に思いっきり感じてみたいと思っていました。 責められるのも悪くないでしょうし、尽くしてほしいと考えていたのです。 そんな私が、前立腺マッサージを受けました。 その体験談を語ります。


渋谷の駅付近で待ち合わせをして、近くのホテルまで連れて行ってもらいました。 安いホテルも紹介してもらえて、親切なんだなと感心したのです。 そしてプレイも親切で、優しく接してくれました。 浴室では体を洗ってもらって、ベッドではアナルも含めて気持ちよくさせてくれるのです。


アナルは初めてでしたが、ゆっくりと進めてくれるので安心でした。 初めは、アナルの入口をぐりぐりと押されたのです。 そうするうちに、段々と中にいれて欲しいなと思うようになってきました。 お尻の穴をひくひくさせて、欲しいって言っているのねと言われてしまいます。 その後は指を徐々に入れながら、たまらないと思うほど大興奮させてくれたのです。

渋谷、池袋というと究極のアメージングスポット、特に渋谷は109、セルリアンタワー、渋谷マークシティに代表される若者が集う街です。 昼とは言わず寄ると言わず人通りが切れることはありません。 そんなお洒落情報の発信基地にもう一つの顔があります。 痴女M性感の店があると聞いて、早速連絡をいれて池袋で合流しました。 年の頃、30代半ば、色白のスタッフが待つこと15分で現れました。 この手のサービスの女性にありがちなガングロでもなく、厚化粧でもなく、普通のデートのようないでたちで来てくれたのでホッとしました。


ホテルに入ると、システムの説明が再び繰り返されて、前立腺マッサージも基本メニューの中に入っているとのことを教えてくれました。 絶対に別料金と思っていたので感激でした。 デリヘルとよく似ていますが、違うところがあります。 まず来てくれる女性は、技術を売りにしている空気を漂わせていました。 それがとてもワクワクさせてくれました。 そして、プレイのスタイルが完全に受身であるというところです。 今思うと、確かにその方がドライオーガズムを全身で受け入れ安い、気持ちもすっと入っていけるものだと思います。


女性スタッフの最初は指で、後は専用器具のエネマグラを使って刺激は非常に巧みでした。 大体15分から20分すると下半身がぷるんとなってそのあとしばらくしてウワウワと大きな波が下半身を襲いました。 むろん初めての経験でした。 射精時の100倍気持ち良いとまではいかなくても、10倍は気持ちいいのは最初の時に感じました。 病みつき体験談というのはこういうことを言うのでしょう。 あれから既に2回通っています。